電気工事士に向いている人は?主な仕事内容と向いている人の特徴

お問い合わせはこちら

電気工事士に向いている人は?主な仕事内容と向いている人の特徴

電気工事士に向いている人は?主な仕事内容と向いている人の特徴

2021/09/15

電気工事士の仕事に向いている人の特徴について紹介します。

電気工事士の主な仕事内容は?

まずは、電気工事士の主な仕事内容を簡単に確認しておきましょう。

建設現場での電気工事

工場やオフィス、個人の住宅といった建物の電気設備を設計・工事します。
例えば、コンセントを設置したり、照明を交換したりなどです。

電車の電気工事

電車の信号、照明、踏切のほか、発電所や変電所などの設備工事です。
また、設備の点検も行います。

電気工事士の仕事が向いてる人とは

電気工事士の仕事が向いている人の性格・特徴を紹介します。

常に勉強する意欲がある人

電気工事士の仕事では、新しい設備や技術などを勉強しなければなりません。
「資格を取得したら仕事を問題なくこなせる」「ある程度経験を積んだから勉強は必要ない」ということはなく、
常に勉強し続けなければなりません。

電気工事を楽しいと思える人

電気工事の資格を持っていれば、仕事をすること自体は可能です。
しかし、電気工事を「楽しい」と思えなければ、仕事を続けられないでしょう。
大変だと思うことがあったとしても、根本的には楽しいと思えなければ勉強する意欲もわかないため、仕事についていけなくなります。

まとめ

電気工事士の仕事に向いている人の特徴に当てはまる場合は、電気工事事業者への就職や転職を検討してみましょう。
電気工事士の仕事に興味がある方は、有限会社山田工事へお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。