配電工事の災害対策とは?電気工事士が活躍する場面

お問い合わせはこちら

配電工事の災害対策とは?電気工事士が活躍する場面

配電工事の災害対策とは?電気工事士が活躍する場面

2021/09/01

全国で行われている配電工事の災害対策と、配電工事を行う電気工事士の仕事について紹介ます。

災害対策のための配電工事とは

地域や電気工事を行う企業ごとに、様々な配電工事の災害対策を行っています。
主な災害対策を見ていきましょう。

積雪による停電防止

雪が付着した送電線に風が当たると、電線が振動してショートし、停電するリスクがあります。
そのため、冬に雪が降る地域では、相間スペーサと呼ばれる設備を使って積雪による停電(災害)対策を行っているのです。

災害対策のための訓練実施

災害が起こった際に、初期の段階での対応、支援の連携などがスムーズに行えるよう、毎年訓練を行っている企業もあります。
また、公式SNSで災害時に注意したいこと、復旧するまでの時間などを確認できるようシステムを整え、
全ての電気利用者が安心して電気を使えるよう工夫しています。

配電工事の災害対策を行う電気工事士について

電気工事士は、「電気工事のミスによる災害の発生を予防すること」を目的とした国家資格です。
災害対策を含め、高圧受電する設備に関しては1種電気工事士が行います。

まとめ

企業や地域ごとに、配電工事の災害対策を行っています。
規模が大きな配電工事に携わりたい場合には、1種電気工事士の資格取得を検討しましょう。
配電工事や、人々の生活に密着した重要な仕事をしたい方は、有限会社山田工事へお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。