地中配電線工事ってなに?

お問い合わせはこちら

地中配電線工事ってなに?

地中配電線工事ってなに?

2021/07/09

地中配電線工事という言葉に聞き馴染みがあまりないと思いますが、いったいどんな工事なのでしょうか?
今回は、地中配電線工事について解説していきましょう。

地中配電線工事とは?

地中配電線工事とは、地下に電線を整備する工事のことです。
電柱をなくすために行う工事ですが、予算や専門業者の数の関係から日本ではあまり進んでいません。

電柱をなくすメリット

なぜ地中配電線工事は行われるのでしょうか?
地中配電線工事を行う意味を知るために、電柱をなくすメリットについて見ていきましょう。

景観が良くなる

電柱や電線がなくなることで街の景観がすっきりするというメリットがあります。
美しい街並みだと観光客が増えて地域の活性化に繋がることもあります。
また道路や歩道が広くなり、使いやすくなるでしょう。

防災に繋がる

災害が起きた時の被害が軽減できるというメリットもあります。
地震で電柱が倒れることによる停電や通行止め、事故がなくなるでしょう。
他にも電線の垂れ下がりで起こる事故などを防げます。

まとめ

この記事では、地中配電線工事についてメリットと共にご紹介しました。
無電柱化にメリットは多いですが、課題も多いので今後に期待ですね。

また山田工事は地中配電線工事などの電気工事で、都内の人々の生活をサポートしています。
今となっては人の生活に必要不可欠な電気を支える仕事なので、やりがいや達成感を得ることができます。
経験がない方でもしっかりサポートしていきますので、ご興味がございましたら気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。