電気工事士2種が行える仕事とは?

お問い合わせはこちら

電気工事士2種が行える仕事とは?

電気工事士2種が行える仕事とは?

2021/07/05

電気工事士2種を取得することで行える電気設備工事の内容と、仕事のやりがいについて紹介します。

電気工事士2種の仕事内容

電気工事士2種が行う主な仕事内容は、小規模な建物や個人の住宅の電気工事、太陽光発電システムの設置などが挙げられます。
電気設備の設置や交換、配電盤の設置などを行うことが一般的です。
通常、学校で電気工事士2種を取得した後は企業に就職しますが、ある程度経験を積んで独立するケースも少なくありません。

電気工事士2種の仕事のやりがい

電気工事士2種を取得して働くことで感じられる、仕事のやりがいについて紹介します。

現場監督を任せられる

電気工事士2種を取得すると、「現場代理人」として監督を任されることがあります。
監督の責任は重大ですが、最後までやり遂げられたときに、やりがいや大きな達成感を感じられることが魅力です。

技術面を評価される

資格を取得することは大切ですが、現場で働いて技術を向上させることが大切です。
資格取得は、あくまでも基礎知識を身に付け、働き始めるにあたって必要なことだといえます。
現場で技術を向上させることが重要であり、自分の仕事を評価されるようになればモチベーションがあがり、やりがいを感じられるでしょう。

まとめ

電気工事士2種の仕事は決して楽ではないものの、実際に働き始めてからやりがいを感じられる場面も多々あります。
電気工事士の仕事をしたいと考えている方は、資格取得も含め有限会社山田工事へご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。